さぽろぐ

  北海道移住・不動産  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年05月27日

ロイトン札幌ランチブッフェ マクロビオティック~



ロイトン札幌でマクロビオティックや食材にこだわった体に優しい
ランチブッフェをやっているよ~と夫が教えてくれたので早速行ってみました!

1500円で有機の食材や調味料を使ったランチブッフェってなかなか
無いし、あってもイマイチな事が多かったのですが、ここは強くオススメです!

玄米ごはんはもちろん、飲み物もほぼ全部有機のだし、調味料も白砂糖を使わないとか
ものすごくちゃんとしてます。以前ホテルの調達部にいたので、これだけこだわってやる
ことって相当スゴイな~と思いました。

なんとスイーツもマクロのものがあって(豆腐の焼き菓子仕立て)、いっぱい食べちゃった。
これなら光にも食べさせてもいいな~というお味でした^^






席もゆったりで開放的な場所です。また行きます、必ず!  
Posted by りさ at 22:00Comments(0)マクロビオティック

2008年03月06日

お弁当~ チャーハン



調子に乗って、またまたお弁当画像です(^^; 今日は昨日の夕飯にした野菜の天ぷらを入れちゃいました。

内容は

梅・じゃこ・わかめ・ごまのチャーハン
野菜の天ぷら(人参・玉ねぎ・ごぼう)
大根おろし ← 脂っこい天ぷら用に
黒豆煮
小松菜あえもの

です。

残りご飯をチャーハンにしてよくお弁当にするのですが、今日は思いつきでやってみました。
ちょっとだけ残っていたジャコを使い、塩味はすっぱい梅干さんにしてもらい、ほとんど味付け無しです。
でもこれが結構ウマかった!予想以上に上手に出来ていました^^

あと、野菜の天ぷら(かきあげ)は、以前のマクロビオティックの講習で習ったやり方で、これでやり始めてから数段美味しいかきあげが出来るようになりました~。

まず、野菜を切ったら塩をまぶして放置。 そうすると自然に水分が出てくるので、そこに粉を入れて混ぜるだけ。あえて衣を作ったりしないんですね~。水分が足りなければちょっとお水を足せば大丈夫♪ 余分な衣を余すこともないし、なんせ簡単なので気に入っています。

今回は野菜を普通に切りましたが、人参やごぼうはピーラーで剥いたら簡単だし、衣をつけてまとめやすいです。

黒豆は超簡単!一晩水につけておいて、あとは圧力鍋に昆布と一緒に圧を5分強かけるだけ。圧が抜けたら、少しだけ塩を入れて調味。これだけでほんのり甘い、お豆の味が生き生きした煮豆になります。
外で食べる煮豆は甘くて、苦手なんです。それに固め。以前、ポラン広場で食べた煮豆も固かったなぁ。。。豆は煮える前に塩を入れてはいけないんですよね~。タイミングが難しいのかもしれませんね。

明日はお休み^^ 特に出掛ける予定も無いので、のんびりして家の中の片付けでもするかな~。  
Posted by りさ at 20:21Comments(2)マクロビオティック

2008年03月05日

お弁当~



最近パソコンの調子が悪くて、今もこの記事をUPしようとしたら全部消えちゃって、テンション下がり気味です。

なので、あっさりいきます(^^;

食欲があまり無いせいもあって、油をできるだけ使わない料理が多いですね~。

5分づきご飯(無添加梅干・自家製ごま塩)
実家特製切干大根とキャベツ、人参、昆布、干し椎茸の煮物。
虎豆と大根、人参の煮物
ほうれん草の豆乳マヨドレ(自家製)の和え物

といった感じです~。
毎朝これを作るのは大変なので、ほとんど前日の夕飯の支度と一緒に作ります。
なので、家にある色々な鍋はいつもフル稼働です^^


  
Posted by りさ at 00:31Comments(8)マクロビオティック

2008年02月19日

お昼のお弁当タイムのお話~

私が勤めているホテルには従業員食堂があり、タバコ1個弱くらいの値段でお昼ゴハンがお腹いっぱい食べられます。

そんな中、私は毎日お弁当を作って持っていくのですが、周りの方々の反応はそれぞれで面白いのです。
色々な事を言われるのですが、今まででインパクトが強かったのが

「好き嫌い多いの?」でしたね(冗談っぽくじゃなく真顔で) あえて何も言いませんでしたが、そういう風に見る人もいるんだな~と思いました。

でもほとんどの場合、私のお弁当の中身を見て 「ゴハンが茶色いね~」とか 「ヘルシーだね~」などの反応がほとんどで、特に同じ年代の女性の場合は穀物菜食に興味深々です。
最近の食生活ではあまり見ないような、「小豆の煮物」や「切干大根」がしょっちゅう入っているので、おばちゃん達も「よく作ってるわね~」と覗き込んできます。
確かに、お弁当用の冷凍食品は全く買わないし、よくあるような色とりどりのお弁当ではないのでかえって目立つんでしょうね。だいたい茶色いか黒っぽいトーンのお弁当ですから(^^; 

私がマクロビオティックを取り入れた食事をしている事を話すと、色々なことを聞かれます。一番多いのは「やっぱり体調が良くなる?」ですね。
私の場合は明らかに体調がいいので(玄米は体質的に合わない場合もあるそうです)、そのように話すのですがこれに続いて「精神的な安定」の事を話すと、皆がびっくりします。

私はこの食事をはじめる前はかなりグチグチと考えるタイプで落ち込みやすい所がありましたが、昔に比べたら本当に「悩む」っていう事が少なくなりましたね~。これもこの食事を続けている大きな理由のひとつです。

とはいっても、選んで食べてはいますがお菓子も好きだし、「マクロやってます!」とは大きい声ではいえない感じです(^^ なので「マクロを取り入れた~」というニュアンスにして、ちょっとユルさをかもし出しています。

これから子どもが産まれるにあたって、自分が小さい頃を思い出すと、その頃食べた食事の影響というものの大きさを感じますね。私の母は「炭酸飲料やジュースはダメ」とか多少、気を使った食事をするようにしてくれていたので、大人になった今でも炭酸飲料や甘い飲み物は全然好きじゃないし、煮物なんかも惣菜売り場のものは味が濃すぎてあまり美味しいとは感じない味覚になっています。

なので、できるだけその素材の本当の味、添加物や余計な調味料が入っていない食事を美味しいと感じてくれるように育ってくれたらな~と思います。





  
Posted by りさ at 23:10Comments(4)マクロビオティック

2008年01月12日

玄米食復活です~



先日の休みに、豊平区福住にあるお気に入りのオーガニックカフェ「知恵の木」さんへも寄ってきました。

久々に口にした玄米。「おいしいと思えるかな。。」と不安だったのですが、とっても美味しかったです^^

こちらのお食事は、マクロビオティクも取り入れているので安心して食べられます。
外食は何を使って出来上がっているのかわからないので、こういうお店は本当に貴重だな~と。
お食事だけでなく、焼き菓子やパン、自然食品も販売しているので、それだけを購入しにいらっしゃる方もたくさんいました。

私は「無糖ホットケーキミックス」(国産小麦&重曹のみ)と「セイタン」(大豆が原料のお肉に似た食材)を購入。

この日以来、ゴハンは玄米オンリーにしていますが、やっぱりおいしいです。
妊娠してから嗜好が変わって、玄米は3ヶ月くらい食べていなかったので、ここからまた玄米の栄養をとれると思うと嬉しいです。

それにしても最近胎動が激しいです。あまりにも動くと、仕事中でもキーボードを打つ手が止まります(^^;  
Posted by りさ at 21:23Comments(0)マクロビオティック

2007年08月26日

オーガニックカフェ 知恵の木




先日の休日、札幌の美容院に行く前に豊平区福住にある「オーガニックレストラン 知恵の木」に行ってきました~。

こじんまりとしたお店ですが、とっても暖かい雰囲気でメニューも色々ありました^^
マクロビオティックを取り入れているので、動物性たんぱく質やお砂糖は使っていないメニューです。

このプレートは1000円で、飲み物までついてきます☆ 今日のメニューは

ココナッツカレー
水菜とあらめ(海草)のサラダ
なすの漬物
かぼちゃ春巻き
玄米ご飯麦入り
温野菜サラダ玄米甘酒ドレッシング
スープ
三年番茶や穀物コーヒーなど

オーガニック食材を使って、これだけ手の込んだものを出してこの値段は安いな~と思います。

もちろん、どれも美味しくて、初めてこういう食事を食べる方にも抵抗なく美味しく食べられる思います。
味付けもしっかりついているので、素食イメージのあるマクロビオティックですが、そうでないものもあるんだと教えてくれる感じですね。





デザートも頼んじゃいました^^ 玄米甘酒の甘みを使った桃のシャーベットとブルーベリーケーキです。
もちろんこれも乳製品や砂糖は不使用です。でもしっかり甘いんですよ^^

こちらのお店、オススメです。
マクロビオティック食材も色々置いてあって、お醤油・三年番茶(コレ超オススメ、私は普段これしか飲みません)などなどあります。
ちなみに私は色々食材仕入れました^^痒いところに手がとどく品揃えで嬉しかったです。

こんなお店がニセコにもあったらいいのに~。って自分でやっちゃうかな(^^; 
それにはまだまだ修行が足らないなぁ。日々、料理に精進します☆  

2007年07月08日

私に出来ることって何だろう

最初に。。。今晩も1杯やってホロ酔いでブログ書いています(^^;
とりあえず、発泡酒と日本酒1合でやめてますが。。。

最近ブログもおさぼり気味なので、気分が乗ったときにザーーッと書きたいと思います。

今日は封印気味のマクロビオティックのお話を~。長いですよ^^

マクロビオティックを始めるようになってから、自分の事だけでなくもっと大きなことを考えるようになりました。

今までの人生の中でスノーボードと同じくらい自分の中でハマったこと、それがマクロビオティック。
北海道に来て、大きく体調を崩し、偶然みつけた「マクロビオティック」。現代の栄養学とは全く違う、でも知れば知るほどナチュラルで地球に、人間に動植物に優しいこと。

初めは何で「玄米」なのか、オーガニックな植物性たんぱく質なのか、砂糖を摂らないのか。。が理解できなかったのだけど、それが今では自分の体で心で理解できるようになってきた。

ストイックで宗教的で禁欲的で。。。っていうイメージがあるのも仕方が無いけど、そうじゃないことをもっと伝えられないものか。と最近考える。
周りにいる、体や心のバランスを崩している人を見ると、「きっと、アレを食べ過ぎてるな」とか思ってしまう。

現に、ウチのダンナさんも最近胃の調子が悪く(夏になるといつもだった)、それにあわせたメニューにしていた。これも一種の実験で(^^; したが、おかげと医者にも薬にも頼らず、かなり回復してきました。
原因の一番は砂糖と油。 お付き合での食事や貰い物のお菓子を食べすぎてましたね。あとお酒も。
そんな彼のために、食事では一切糖分を使わず(みりんも米飴も)、油も極力控えたメニューを試してみました。蒸し物や油を使わない煮物を中心に1週間くらい頑張ったら最近やっといい感じになってきたようです。

正直私も辛かった。。毎朝早起きして朝から圧力鍋で玄米を炊くのはなかなか強い意志がいりました(^^;

でも、こうやって体はいい食事をすれば自分で直す力があるんだな~と思います。

このニセコという素敵な場所から私が発信できることは何だろう。その構想は日々広がっています。

マクロビオティックの札幌での勉強会も後半に入り、ますます自分の進む道について考える今日このごろです。

最後に、私がマクロビオティックを続けていて一番変わったこと。
それは心かな。 グチグチ考えなくなりました。 頭もとってもクリアなのです。
一言で表すとしたら、「軽い」感じです。心も体も。
  
Posted by りさ at 21:15Comments(2)マクロビオティック

2007年05月29日

マクロビオティックの勉強に~



マクロビオティックの講習会が北海道で初めて行われる事をミクシィで知り、行ってきました!

レシピ本だけで2年くらいマイペースでやってきたのですが、やはりその道のプロや同じ事に興味がある人たちに直接会ってみたかったのです。

当日はダンナさんもお休みだったので、小樽まで車に乗せてもらい(ダンナさんは小樽の車やさんへ)私はそこから琴似まで、初!JRでのんびり向いました~。
話はちょっとそれますが、いいですね~海沿いを走る電車(やっぱり汽車という言葉は出てこない。。)はとっても景色がよくて、一人でキョロキョロしていました。

まず、車両に乗り込もうとしたら、中に人はいるのにドアが締まってる????
どうしていいのかわからず固まっている私に、たまたま通りかかった列車整備関係の方が「そのボタンだよ」って教えてくれました^^
そして入ったはいいけど、締めるのもまた自分でボタン押してするんですね~驚きです。
あとは、くずかごがあるし、トイレもあるし、とっても親切ですね。

本題の講習会ですが、とっても楽しく勉強になりました☆
自分と同じようにマクロビオティックを取り入れている方々にお会いすることによって、
ちょっとだけ客観的に自分を見れた気がしました。

やっぱり、動物性たんぱく質や白砂糖を摂らない食生活をしているという事は、現代の
栄養学や食に対する常識からしたら、どう考えても異質と思われるだろうなと。
でも裏を返せば、動物性たんぱく崇拝、牛乳崇拝の栄養の考え方は、私のようにマクロ
を実際に取り入れて、体と心でその変化を感じている人間からするとそっちのほうが大丈夫かなぁと思えてくるんですよね。

簡単に一例をあげると、「牛のおっぱいは牛の子供が飲むためのもの」。自然界で他の動物の乳を飲む動物が他にいるのだろうか?とシンプルに考えてみると。。。といった具合です。

マクロに限らず、命(動物・植物すべて)をいただいていることを常に忘れず、食べ物を大切に扱う気持ちをちゃんと持てる人間になりたいなと、改めて思わせてくれた1日でした。

  
Posted by りさ at 21:44Comments(0)マクロビオティック